木質ペレット燃料で循環型社会の構築を

アースデイ青森2018が開催されました

毎年この時期に開催される環境啓蒙イベント「アースデイ青森」、今年は4月22日(日)に開催されました。

 

今回はサブタイトルを「自然、人、未来とのつながりを思う日 自然と地球に『感謝』を伝えよう」と変えて、参加者みんなで楽しみながら、地球のこと、未来のこと、環境のこと、社会のことを考えるイベントとして盛り上がりました。

 

今年の参加団体は全部で37。

前日の強風がウソのような奇跡的な快晴の下、過去最高の参加数と来場者数(主催者発表1200人)で、会場の隅から隅まで賑わいました。

 

会場入り口のバナーが目印です。

アメリカ人から「Earthdayは2ワードだよ!」とご指摘頂き、「Earth Day Aomori」と印刷し直しました(^^)

 

開催前に、参加者と一緒に会場周辺のゴミ拾い。これも大事なアースデイイベントのひとつ。

 

もったいない・あおもり県民運動キャラクター「エッコー」は、いつも子どもたちの人気です。

「あおもりエコの環スマイルプロジェクト」

 

ホタテの貝殻を原料とするチョークで「地球に落書き」。
最近、落書きをしたことありますか?
会場内のアスファルトなら、どこまでも、何を描いてもオッケーです。子供はもちろん、大人も一緒になって、自由な発想で思いっきり描いています。

ニューヨーク国連本部において採択された、持続可能な開発目標(SDGs)のアンケートも行いました。
来場者の方々に、それぞれ自分が感心を持つテーマにシールを貼ってもらうのですが、多くの人が「全部に貼りたい!」という意見が多かったです。
一番多かったのは、やはり「1貧困をなくそう」でした。

 

以下は、それぞれのブースの様子です。

 

今回の出展者は以下の通りです。

1 梶屋わきわき堂

2 まめきち自然農園

3 フォピッシュ

4 世花

5 石と木

6 CONSEFARM(ハーブのコンセ)

7 種八農園

8 グリーンハウス

9 NPO法人おいらせ自然楽校(おいらせ もりのようちえん)

10 日本宇宙少年みさわ分団

11 アロマとハーブのスクールベルナデッタ

12 特定非営利活動法人 十和田NPO子どもセンター・ハピたの

13 一般財団法人三沢市公園緑化公社

14 おぐら農園

15 南部どき

16 ぼんやり亭

17 ココカラ+アロマカヨ

18 名久井岳トレイル実行委員会

19 OUTDOORBOX RIVERRUNS

20 蛯名鉄工

21 AFW+

22 キトヒト

23 木登り橙

24 サティヤ

25 川越せんべい店

26 自遊木民族珈琲

27 アトリエ・シュエット

28 あめのゆみらび

29 プルシルライフ・ロナラージス

30 青森フィッシングガイド

31 沼山建業

32 Happy Children(はぴちる)

33 科学工房げんしじん

34 青い森カービングクラブ

35 ミヨシプラス

36 オーロラ

37 株式会社高橋